Andrew Milne

 

カナダのアルバータ州出身。

 

現在AJHL(Alberta Junior Hockey League)のキャンモアイーグルス・ジュニアクラブのGM(ジェネラルマネージャー)兼ヘッドコーチを務めて6年目になる。

 

その前はWHL(Western Hockey League)Kamloops BlazerSwift Current Broncosでアシスタントコーチとして計4シーズン、またAJHLSpruce Grove Saintsのアシスタントコーチとして3シーズン任務を担った。

 

自身は1999年-2000年BC(ブリティッシュコロンビア)州のリーグ・Peterborough Piratesにてプレー、WHLではSpoken Chief, Swift Current Broncos, Medicine Hat Tigersにて計4シーズン、AJHLSt Albert Saintでプレーをした1996年には、リーグチャンピオンシップに多大に貢献した選手でもある。

 

ヨーロッパのナショナルリーグでもプレー経験を持つ。

 

Milne氏は2010年および2011年(この年はゴールドメダル獲得 )にてチームカナダの West World Jr. A チームのアシスタントコーチに抜擢され国に貢献した一人でもある。また2010年のWorld Under-17 Hockey ChallengeTeam Pacificのアシスタントコーチも務めた。

  

アルバータ大学でスポーツマネージメントと育成教育の修士号を取得し、現在最もレベルの高いコーチ資格であるNational Coaching Certification Program Advanced Levelを所有。

 

現在に至るまで約15年間ジュニア選手にホッケーをコーチングしているプロフェッショナルであり、プレーヤーとしての自身の経験をもとに若いホッケー選手の育成を専門に活躍している。

 

Jeremy Reich

 

カナダのサスカチュワン州出身。

 

現在AJHL(Alberta Junior Hockey League)のキャンモアイーグルス・ジュニアクラブのAssistant GM(アシスタントジェネラルマネージャー)兼アシスタントコーチに就任して2シーズン目を迎えている。

 

SMAAAHLSaskatchewan Midget AAA Minor Hockey League)で少年時代からハイレベルなリーグでプレーをした後、WHLWestern Hockey League)のSeattle Thunderbirdsで1995−1996年のシーズンにジュニアプロとしてプレー。

 

WHLに在籍中の1997年既にNHLChicago Black hawksからドラフトがかかっていた選手であった。WHLに2000年まで残りジュニアプロとして活躍した後、翌年2001年にAHL(American Hockey League)Syracuse Crunchで本格的にプロとして活動開始。

 

2003−2004年のシーズンにNHLColumbus Blue Jacketsでデビューを果たす。

 

後フリーエージェントとして2006−2008年はBoston Bruinで活躍。

 

2009年7月New York Islandersと契約。

 

北米のプロフェッショナルホッケーリーグで計11年間活躍した後、2011年にドイツのナショナルチームERC Igolstadtで1年契約。

 

その後現役をリタイアし現在に至るまではコーチングのプロフェッショナルとして活躍している。自身の経験を生かしホッケープレーヤーに必要な栄養学・精神学・また筋肉トレーニングを熟知しておりドライランドトレーニング(オフアイストレーニング)のコーチングプロでもある。